教育コース

 地域環境科学科は,生態環境科学教育コース環境資源工学教育コース地域工学教育コース(JABEEコース)の3つの教育コースを提供します。

 教育コースの決定は,各自の希望を基に,2回生後期開始時に行います。特定のコースに集中した場合などには決定にあたって成績を考慮することがあります。

 生態環境科学教育コース・・・コースのカリキュラムはこちら

 人と自然との共存や生態系の保全を目指し,生物が生息する水・土環境で生じる様々な現象とそのメカニズムを科学の視点から理解するための知識と方法を学習します。山地・森林から河川・湖沼・海域を含む流域を対象として,水域では水生生物と生息環境・水質・水文に関して,陸域では植物環境(森林・草地や農耕地),土壌の質や物質移動に関しての調査・解析方法を習得します。この教育コースでは,必要な科目を修得すると「学芸員」の資格を得ることができます。

 環境資源工学教育コース・・・コースのカリキュラムはこちら

 地域資源循環型社会の構築を目指し,地域資源を有効かつ持続的に利用するための,また人間活動と共存できる生態系を保全・修復するための知識と技術を学習します。土,水,大気,生物及び人工物を介した物質の移動や循環をミクロ及びマクロの視点から理解・制御する方法や,水や土壌環境を保全・修復する工学的手法を習得します。

 地域工学教育コース・・・コースのカリキュラムはこちら

 農村地域や中山間地域の有する地域資源(水と土と社会基盤)を有効に活用することによって,地域の豊かな生産環境・生活環境・自然環境を創造し,管理し,そして保全するための専門的な基礎学力と技術を,工学的な観点から確実なものとします。また,科学技術が公衆や環境に及ぼす影響(有用性と危険性)や責務といった技術者倫理や,必ずしも解が一つでない課題にアプローチするエンジニアリング・デザインについても学びます。この教育コースはJABEE(日本技術者教育認定機構)によって認定された教育コースであり,卒業生は技術士一次試験合格者としてみなされ,「技術士補(農業部門)」の資格が得られます。また,「測量士補」の資格も得られます。

 

 これらの教育コース科目を履修した学生は,地域社会の発展と環境の調和や,地域資源の有効利用及び生態系の修復について専門的な知識と技術を身につけ,地域の資源や環境に関わる分野において,環境コンサルタント等の専門知識・技術サービス職,国・地方の公務員等として環境分野・土木関連分野における高度技術者,中学・高校の教員,博物館学芸員並びに大学院進学などを目指し,その活躍が期待されます。

一つ戻る  先頭へ  トップページへ 
Copyright(c) Faculty of Life and Enviromental Science, Shimane University 2011 All right reserved.