カリキュラム>トップ

 カリキュラムとは、教育の目的に合わせて考え出された教育内容を、決まった修業年限の間で修得できるように、講義・実習・演習等の授業科目を総合的に計画したものをいいます。
 本学部の教育課程の履修は単位制であり、学生は、下記の表に示す単位を修得しなければなりません。授業科目には、大きく「全学共通教育科目」と「専門教育科目」があります。「全学共通教育科目」は、大学生としての一般教養のための授業科目であり、「専門教育科目」は、学部・学科・コースにおける専門性の高い授業科目です。「専門教育科目」を知ることで、それぞれのコースの教育内容をおおまかに理解することができます。
(*1)専門教育科目の詳細については、上のメニューより各コースのカリキュラムのページをご覧下さい。



(*2)本学士課程では、学科を問わず学部共通に履修ができ、かつ、各分野の教育目標に合わせてプログラムが可能な、「基盤科目」を設定しており、次の3群に分けられます。

A群(基礎的基盤科目群:11科目)
生物資源科学部の全ての分野の学修において必要となる、共通的かつ基礎的内容の科目。学部の全ての学生が必要に応じて選択履修できる。演習等を交えて実践的な理解を促し、各科目の内容に関して、他の人に説明できることを到達目標とする。
<科目名>物理学、化学、生物学、地学、生物資源と農学、地域社会セミナー、生態学、統計学、基礎フィールド演習、物理学基礎実験、地学基礎実習

B群(発展的基盤科目群:16科目)
複数の専攻分野において必要となる、基礎的基盤科目と専攻科目を繋ぐ発展的内容の科目。全ての学科の学生が選択履修できる。専攻に特に必要な基礎的知識・技能を涵養するため専攻分野により必修の指定がある科目もある。
<科目名>細胞生物学、遺伝学、動物学、植物学、微生物学、物理化学、有機化学I、基礎分子生物学、生物化学I、基礎土壌学、農学原論、環境生物学、水環境学、基礎水理学、経済原論、農業キャリア論

C群(概論的基盤科目群:4科目)
専攻分野(農林生産学科)を俯瞰できる専攻の概論的内容の科目。
<科目名>農業生産学概論、森林学概論、食と農の経済概論、農林生態学概論

(*3)専攻科目は、より高度な専門教育に必要な科目です。

一つ戻る  先頭へ  トップページへ 
Copyright(c) Faculty of Life and Enviromental Science, Shimane University 2011 All right reserved.